「お客様の●●を大切に考える」という言葉を使う癖をつけてみる

Beautiful young businesswoman working in office

「お客様のことを大切に考える」という言葉はかなり曖昧だなあ、と最近思う。

「お客様の●●を大切に考える」という形で、常に間に●●を入れて、それが何かを具体的に考える癖をつけようと思う。

例えば・・・


「お客様の”サイトの売り上げ”を大切に考える」
「お客様の”時間”を大切に考える」
「お客様の”会社での立場”を大切に考える」
「お客様の”毎日不安だから安心したいという気持ち”を大切に考える」


と、具体的に考えると、それだけで色々なことが見えてくる。
絶対に外してはいけないポイントが分かってくる。

これ、自分で考えるのが大事なんですよね。他人から指摘されてはいけない。
常に自分で「お客様の●●を大切に考える」の間の●●に何が入るかを考えること。

自戒を込めて。


松尾茂起のTwitter

twitterでは「ブログに書けないようなこと」をつぶやいたりしています。
良かったらフォロー宜しくお願いします。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ